子育てママの日々役に立ちそうなちょっとしたこと

男の子2人をもつ普通のママのブログ。これからの自分にも、もちろんあなたにも、日々役に立ちそうなちょっとしたことを残していきます。…あと、日々思ったこともちょっとずつ書いていきます。

長男クンの本音

人生初の「お泊り」

先日、長男クンが人生初のお泊り会でした。

集合時間は夕方。
待ちきれなくて朝から用意したりして。
すごく楽しみにしていた様子。

 

驚いた長男の本音

お昼ごはんは、おうちで手作りパンを作って食べて気分上々(笑)
そんな中、長男クンが一言。


「(お泊り会に行っている間)ボクがいなくなって、お母さんはちょっとラクになるね」。

 

さらにこんな事も。
「【次男クン】は好きなTV見られるからいいでしょ」。
(いつも見たい番組が違うと兄弟でケンカするからね…)

 

びっくりした。

幼い子供が、こんなことを考えているなんて。
自分のことで頭いっぱいなのかと思ってた。

 

お泊り会に行くから、
「楽しみ!」とか「ちょっと心配…」とか、
そんなことを言うのがふつうだと思っていた。

 

自分のこと以外に相手のことを考えられる、心の優しい子に育ってくれたんだね…。

 

日常を振り返ると

実際、日常はそんな感じ。
「オレが使いたい」おもちゃを次男クンから奪うし、
「オレが一番になりたいから」次男クンを押しのけてまでドアを真っ先に開けようとするし。

でも友達にはこんなことしないらしい。

そこは『心の優しい』証拠かな。
(同級生にはかなわない、と思っているから、遠慮している??)

(心優しかったら弟にもこんなことやらないかな…(^_^.)

 

私の子育ては大丈夫?

さっきの一言を聞いた時、同時に
「私は、この子にそんなことを考えさせてしまうような 子育てをしているのかな…」
と不安にもなった。

 

「あなたたちを育てているのよ」みたいな、恩着せがましいことを私が言っているのだろうか…。

 

子どもの気持ちが「わかる」すごいコツって?

 前にも感じた長男の心の優しさ

 前も何度か似たようなことを感じたことがある。

 

お絵かきをしているとき。
家族みんなの顔を書いて、一言ずつ書いていた。

 

長男クン(絵を描いている本人)の顔の横には
「いつもやさしいよ」

≪「友達には優しいんだー」長男クン談(弟には無効らしい…)≫

次男クンには
「いつもえがおだよ」

パパさんには
「いつもたたかいごっこ をしてくれるよ」

そして、お母さん(=私)には
「いつもめんどうみてくれるよ」。

 

(『めんどうをみる』なんて言葉、小さい子供が使う言葉なのかな…。と思いつつ…、)
「『お母さんは自分たちの面倒をみてくれている』と思っている」長男クンに驚いた。


子供なら、「お母さんが ごはんを作ったり、洗濯したり、自分の世話をしてくれるのは『当たり前』と思っている」 と考えていたから。

長男クンは、心の優しい子に育ってくれたんだな…と思った出来事。


そして、担任の先生にも
「【長男クン】は、優しいお子さんですね」と面談の第一声で言われたこともある。

 

言葉を拾いそれを褒める

お泊り前にあんなことを言われたとき、
それを流しちゃいけない、と思った。

「お母さんや【次男クン】のことを考えられるなんて、【長男クン】は本当に心の優しい子だね」と、
言葉に出して 頭をなでて褒めました。

長男クンは嬉しそうだった。

テレたのか、下向いてはにかんでいた。


いっつもは次男クンとケンカしたり、片づけしなかったり、お母さんが思うようにはいかないことが多いけど、
そういえば決定的に悪いことをしたことはあまりない。

長男クンは本当に心の優しい子に育ってくれたね。

 

これからも、そんな場面を見つけたら、どんどん褒めていいところを伸ばしてあげたいと思った。

 

おかえりなさい

お泊り翌日のお迎えの日。

朝から畑で野菜を収穫したりして疲れたのか、あまり笑顔が出ず…。
感想を聞くと
「まぁまぁ かな~」。…まぁまぁ!?(^_^;)

でも、宝探しは楽しかった、とか、花火もやった、とか、色々教えてくれました。

 

成長した一日…だったかな。
いい夏の思い出になったようです。

家では、「泣いてないかな…不安がってないかな…」と、母は心配してたんだからね!(・へ・)

 

そして日常にもどり。

次男クン泣かされてる…(*_*;
長男クンがおもちゃの棒で叩いてる(-_-メ)

「オレ(=長男クン)が いちばん !!!!(「一番」にこだわるお年頃)」と、次男クンを押しのける…。

お泊り会の前の日常と同じ…。
あぁ、あの優しい一言を言った長男クンはどこいったんだろう…。(ー_ー)

いやいや、表に出さないだけで心の中にはあの「優しい長男クン」が必ず居るはず…。

あの一言を忘れずに、また日々子育てがんばらなくちゃ&楽しまなくちゃ!!

…と、思いながら、兄弟ゲンカを仲裁する母なのでした(^-^;