読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てママの日々役に立ちそうなちょっとしたこと

男の子2人をもつ普通のママのブログ。これからの自分にも、もちろんあなたにも、日々役に立ちそうなちょっとしたことを残していきます。…あと、日々思ったこともちょっとずつ書いていきます。

オムライス事件_子供のワガママをどこまで許すのか?

子どものこと 家族のこと 思いつくまま_きもち

ごはんの時間なのに「おやつ!!」

二児の母をしています。

 

先日、私の実家に帰省していたときのこと。

 

この日も、

「今日はどこの『遊ぶところ』にいくのー?(『遊ぶところ』というのが絶対条件(-_-;)」というので、

親子三人で午前中に近所の児童館に行ってきました。

(おばあちゃんには、おうちでお昼ごはんの用意をしてもらいました)

 

帰ってきたのは昼。

テーブルにはオムライス!

チビくんが二人揃ってよく食べてくれる、貴重なメニューの一つ。

(最近好き嫌い…というか、明らかに見た目で判断して食べないことが多くて、二人が完食することが皆無…)

「やった~!!」と、喜んでくれるはず…!と思っていたら、

 

「ねぇ、午前中のおやつは?」。

 

「え?もう昼の12時だよ」

と、口では言うけれど、

心では「やはりそうきたか…」と思った。

 

我が家のおやつは一日二回…午前中のおやつと午後のおやつ

 

我が家のチビくんたちは早起きで、5~6時台には二人とも起床(別に起していないのですが)。

なのでお昼ごはん前にお腹がすいて「おやつ食べたい」と言ってきます。

 

ということで我が家のおやつは一日2回。

 

午前中(9時台)のおやつは軽め。

…といってもヨーグルトとか、グミとか、ラムネとか。

 

午後(14-15時台)のおやつは食事感覚。

…といっても、甘いものは必須で、足りなければおにぎり・パンなど。

 

(このおやつ2回というのも、本当はできれば1回にしたい、と思っていました。

でも、我が家は2回!と決めました。

おなか空いた…と思わせながら、それをごまかして日中過ごすのもかわいそうだし…とか色々考えて。)

 

奥薗壽子の子どものおやつ―簡単・安心!愛情レシピ

 

この日は朝早く出発したので、

「午前中のおやつ」を食べ忘れた 長男クンが、お昼12時にもなるのに、「食べてない」と文句を言い始めました。

 

次男クンは、「わぁ~~♪」といってオムライスをもぐもぐ。

ケチャップで 😊 マークを書いてあげてね♪

 

長男クン号泣

もうだいぶ オトナ?の考えもできるはずの長男クンですが、

なぜか今日は虫いどころが悪い。

 

私:   「今日はオムライスだよ!おばあちゃん作ってくれてよかったね~」

長男クン:「おやつは?」

私:   「あ!!そっかぁ!(あくまでも今気づいたかのようなリアクションで)おやつ食べなかったね~。でも、もう12時だからオムライス食べようよ」

長男クン:「やだ!!!」

私:   「おやつは3時に食べられるでしょ?」

長男クン:「今食べるの!!!」

……

 

こんな感じで約15分。

 

長男クン、号泣。

次男クン、ただならぬ雰囲気を察しながらも オムライス もぐもぐ。

母(私)、困る、諭す⇒あきれる。

おばあちゃんも、困る⇒あきれる。

 

久々に長男クンがワガママ言って大泣きしました。

 

…ストレス溜まってたのかな(^_^;)

 

 ちいさい・おおきい・よわい・つよい no.92―こども・からだ・こころBOOK わがままの限度

 

諦めようかとおもったけど

長男クンは諦めずギャーギャー泣く。

母(私)、おばあちゃんもイライラ。

(あきれてるのも半分)

 

「もう!!じゃあお菓子でも食べてなさいっ!!!」

と、言ってしまおうか、と思ったけど、

ここまできて大泣きさせて、そこは譲れない…と思い、

泣いたらワガママきいてくれる、と思ってほしくない

 今回は放っておきました。

 

約30分経過。

泣き疲れてきてやや静か。

でも「おやつ~」といっている。。(頑固な性格)

 

ここまでくると、おばあちゃんもあきれ顔。

そして「【長男クン】、オムライス食べたらデザートが出るかもしれないよ」。

 

ここで「ほんと?」と素直に反応…すればいいものの、

うちの長男クンは、頑固な性格がたたって(あぁ、損な性格…)、

素直にひょっこりと立ち上がらない。

 

「(仕方ないな…)」というような表情で(決して嬉しそうな表情は出さず)、

席につく。

 

「オムライスを全部食べたら、あげるからね」とおばあちゃん。

 

もぐもぐ…

もぐもぐ…

 

「あのね、児童館にたくさんおもちゃがあったんだよ!!」

 

おいっ!!!

今さっきまでの号泣はどこ行った!?

 

オムライス食べたら忘れちゃったの??

 

切り替え早すぎ…。

(まぁそれはいいことかな…)

 

と、いうことで長男クンはオムライスのおかわりもたいらげ、

デザートの梨を食べました とさ。

 

最後におばあちゃん。

「いい?ごはんの時間にはちゃんと食事をするんだよ。

この梨が食べられるのは、ちゃんとオムライスを食べたからなんだよ」

と、懇々と言い聞かせていました。

 

…はぁ、疲れた…。

 

おばあちゃんのオムライスは、このときの私には何も味がわかりませんでした(:_;)

 

 子供のワガママをどこまで許すのか?

こんなワガママを、どこまで許していいのか、いっつも迷います。

 

今回も、「じゃあこのお菓子食べたらごはんも食べてね」と始めから言っていたら、

それで丸く?おさまったのかもしれない。

 

でも、それが本当に子供にとっていいことなのか?

 

こどものことを考え、守り、裏切らないのが 『親』だと思うけど、

子どもの言うことすべてをかなえてあげるのは『親』だとは思わない。

 

「子供のワガママ」ってどこまで許していいのか…。

 

小さなことだけど、いつも迷うこと。


タイトルだと、オムライスさんになんだか失礼な気もしますが、

たまたまオムライスの日に事件?が起こったので、こんなタイトルになりました…。

 

ガミガミ叱らなくても大丈夫! 子どもの「わがまま」で困ったときの言葉かけ