読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てママの日々役に立ちそうなちょっとしたこと

男の子2人をもつ普通のママのブログ。これからの自分にも、もちろんあなたにも、日々役に立ちそうなちょっとしたことを残していきます。…あと、日々思ったこともちょっとずつ書いていきます。

子どものホテルのベッドはいつ頃から?海外ホテルのベッドは高い!_寝相の悪い子どもたち

子どものこと くらしのこと

寝相の悪すぎる子どもたち

 

二児の母をしています。

 

我が家は、家族全員布団で寝ています。

そのせいか、ちびっこクンたちの寝相の悪さといったら…(゜ロ゜)

 

次男クンが長男クンを枕にしてたことも。

長男クンと次男クンの場所が左右入れ替わっていたことも。

ある時は、私が枕にされそうになったので、その時は逃げました(笑)。

まぁ、いろいろありすぎて書ききれません…。

 

 

 

海外ではベッドが当たり前

以前、親族の結婚式参列のためグアムへ行きました。

次男クンがまだ乳児の頃です。

(乳児を海外に連れていくことは、ベッド以外のことでもそりゃあもういろいろ大変でした。普段あまり「冒険」しない家族なので、出発前は色々な心配がドンドン出てくる感じで……(*´Д`) )

 

そのホテルのベッドの高さにビックリ。

多分、7、80センチはあったのでは 、というくらい高い!

まず感じたのは、「子供、落ちそう…。」

大人目線でみると「わぁ~すごい、なんか豪華なベッド~♪」という感じなのですが…。

 

もちろんベッドに柵や枠はなし。

グアムのちびっこは、こんなベッドでも落ちずに寝れるのかな…??

 

結婚式参列で、ホテルセレクトはお任せだったため、

そんなことは考えもしませんでした。

 

結局、ベッドのマットレス部分を土台から下ろし(!!)、

マットレスのみの20センチくらいの高さの状態で寝ました。

まぁ、それでも夜中落ちないか不安でしたが。

(日本語OKのフロントさんに電話して「マットレスおろしていいですか」って聞いちゃったよ…(*´▽`*) 

たぶんスタッフさんは「へぇ??」って感じだっただろうけど…)

 

3個分のマットレスをくっつけてつなぎ(次男クンはチビ過ぎて頭数に入ってない)、

夜中何度も起きて気にして、何とか落ちずに朝になりました…。

 

 

宿では和室を予約

そんな感じなので、国内旅行ではいつも畳の部屋=和室 を予約。

 

でも、日本でも多くの宿泊施設は 洋室=ベッド。

ビジネスホテルならかなりお安く泊まれますよね。

 

パパさんは、ここらへんが引っ掛かるらしく、

「洋室に泊まれたら安いホテルもたくさんあるし、和室だと数が限られて割高だよ…」と、漏らしてます。

(ちょっと目線を変えると、「子どもの安全よりお金の心配?」ってちょこっと思ったことも…。

そりゃそう思いますよ、ホテルを予約するたびに言われたら…(>_<) )

 

何歳ころからベッドのホテルで泊まるの?

そこで、ふと思いました。

 

世間のお子さんは、いつから ベッドのホテルとまるのでしょう?

小さいころから、ベビーベッド で暮らしていたら、ホテルのベッドも大丈夫なのかな…?

 

お子さん一人だったら、パパとママで挟めば何とかなりそうだけど、

我が家は二人…。

しかも寝相最悪の男子二人…( ゚Д゚)

 

ついにベッドのホテルに泊まりました

…こう考えていた時から、時は過ぎ。

 

先日、ベッドのホテルに泊まりました。

レジャー施設も併設しているホテルでした。

周りにはほかの宿泊施設なし。

 

私としてはドキドキ。

まぁ、グアムではないから、ベッドはそんなに高くないだろうから大丈夫かな…。

だいぶ体も丈夫になってきたし、まあ落ちてもけがしないだろうし…(!!)。

 

ベッドはくっついた2台が2か所に分かれ置かれているレイアウトでした。

私と次男クン(青)、パパさんと長男クン(緑)。

長男クンはパパさんと離れているレイアウトでした。

(長男クンは完全一人!)

f:id:blueclover123:20151119124130p:plain

初めてイラスト書いてみました。面白いですね(*´▽`*)

 

壁側に子どもに寝てもらい、布団をしっかりかけて(布団で抑え込む感じ…!?(笑) )、就寝。

 

その日は日中遊んであまりに疲れすぎたせいか、私も朝まで一度も起きれませんでした(^-^;

 

…が。

 

ベッドに寝てみれば…

動いていない。全然動いてない。

なんと、二人とも全然動いていないではありませんか!

 

いつもみたいな 回転とか、入れ替えとか、まったく無し。

 

これにはビックリしました…。

 

「ベッドだから、落ちないといいね~」と軽く(あまり強くいってしまうと、プレッシャーで寝れないかな、とちょっと気になったので…)言っていたおかげか、

日中あまりに動いて疲れたから ぐっすり… だったのか…?

 

理由はわかりませんが、ベッドに寝てみたら、案外&意外にも 心配ありませんでした。

 

成長したのかな…。

 

子どもと楽しむ! 週末の冒険

 

 

で、子どものホテルのベッドデビューはいつ頃から?

 ということで肝心のタイトルのまとめですが、

 

・「まぁ、ベッドから落ちても少々痛いくらいだから大丈夫かな」と思える年齢になってから(それって何歳?と思われるかもしれませんが…汗)

・「いたいよー!」など、自己申告できるの年齢になってから

 

実際寝るときにやっておきたいことは…

 

・掛け布団をしっかりかける(夏の暑い日は別として)

(押さえつけられて?意外に動かない)

・日中に体を思い切り動かして疲れてから寝る

・壁などを利用して落ちる可能性を低くする

 

かな、と思います。

 

これはあくまで我が家の場合。

普段からベッドで慣れているお子さんは、ホテルのベッドも問題ないかもしれませんね。

 

家にもどって布団で寝ると

まぁ予想通り、ゴロゴロ&グルグル&母は子ども二人に挟みうち(!!)。

 

やっぱり、家で布団で寝るのが一番だよなぁ~…!!!と、

しみじみ思う母なのでした。

 

でも、ホテルの洋室=ベッドに泊まれることがわかってよかった…(*^-^*)