読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てママの日々役に立ちそうなちょっとしたこと

男の子2人をもつ普通のママのブログ。これからの自分にも、もちろんあなたにも、日々役に立ちそうなちょっとしたことを残していきます。…あと、日々思ったこともちょっとずつ書いていきます。

どうして赤ちゃん二人も うんだの?

 朝の忙しい時間に

 

二児の母をしています。

 

平日の朝。

朝食の準備から始まり、幼稚園のお弁当作り、洗濯、食器洗い、着替え、お化粧。

子どもを起こして着替え・食事・出発前の準備の声かけ…。

 

母は忙しい。

 

「お母さん、ちょっときてー」「お母さん、お茶飲みたい」などなど、

現場に行かなくてはならない呼び出しもしばしば。

 

そんなある日、食器を洗っていると、次男クンが。

 

「おかあさん、どうして あかちゃん ふたりも うんだの?」

 

次男クンが一番言いたかったこと

 

一瞬手がとまりました。

 

母(私):「…そうだねぇ、お兄ちゃん一人だけじゃ寂しいかな…と思って、兄弟がいたらいいなぁと思って、【次男クン】をうんだんだよ」

 

しかし、次男クンが一番言いたかったのは、こんなことじゃないのはわかっていました。

 

次男クン:「でも、いそがしいんでしょ。」

 

ハッと目が覚めるような思いがしました。

 

お母さんはいつも忙しそう。

「忙しいから待ってね」っていつも言う。

「兄弟二人のことをしなくちゃいけないから忙しいの」とも言う。

じゃあ なんで赤ちゃん(=オレたち)を二人産んだんだろう?

 

…こんなことを言いたかったのだとすぐに気付きました。

次男クンなりに考えたのでしょう。

 

母(私):「もしかして、お母さんが『忙しい』っていつも言うから、そう(=どうして二人も赤ちゃんうんだの?)思ったの?」

次男クン:「うん。」

 

母(私):「そうだね。お母さんは【次男クン】にも会いたくて うんだのに、

毎日『忙しい』っていってたら だめだよね…。ごめんね。気をつけるね。

【次男クン】は優しいね。」

 

と言って、ぎゅーっと抱きしめました。

 

 

 

小さな体でも大きなことを考えている

こんな幼いこどもの心の中でも、

こんなことを考えているんだ、

こんなことを考えさせるような態度をとっていたんだ…と思うと、

反省しました。

 

そして、次男クンの成長に驚きました。

 

気を遣う次男

振り返ってみると、次男クンは「気遣う」ことがよくあります。

 

「おかあさん、オレがようちえんから かえってきたら、これでいっしょにあそぼうね」と朝のうちから言う。

「おかあさん、もう おしごと(=家事)おわった?おわったらいっしょにあそぼう」 など。

 

今、その場では遊んでくれないことがわかっているので、こんな聞き方をします。

 

ときには、長男クンが怒られているときにいつもはやろうとしない お片付けを自ら始めたりも…(「反面教師」!?)。

 

「次男」って結構「自由奔放で気ままな性格」なんてききますが、

我が家はそうではなさそうです。

 

・次男クンの性格と、

・私(=母)の態度

が相まって、次男クンのこのような行動がうまれたのだとおもいます。

 

数分のこの出来事を忘れない

もしかしたら、次男クンは何の気なしに聞いたことだったのかもしれませんが、

私の心には大きく残った 出来事でした。

 

花咲く日を楽しみに 子育ての悩みが消える32の答え

 

こどもは自分の「物」じゃない_一人の人として

赤ちゃんのころは、会話もできず、反応もわからないことが多い。

けど、今はもう次男クンだって立派な「人」。

ちゃんと自分の思ったことを言える。

(ちょっと助けが必要なこともあるけど。)

 

「自分のこどもだから」と軽く・甘く考えるのではなく、

きちんと一人の「人」として、話を聞き、一緒に遊び、共に生きていく。

時には自分(=私)の思い通りにいかないこともある。

でもそれは当然。

「人」を相手にしているんだから。

 

次男クンの一言をかみしめ、

大げさかもしれないけど、こんなふうに感じました。

 

  

どうして赤ちゃん二人も うんだの? 目次

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

↑ちょっと参加してみました。よければ押してみてくださいね。ほかにも役立つ情報ブログがたくさん!