子育てママの日々役に立ちそうなちょっとしたこと

男の子2人をもつ普通のママのブログ。これからの自分にも、もちろんあなたにも、日々役に立ちそうなちょっとしたことを残していきます。…あと、日々思ったこともちょっとずつ書いていきます。

子どもが習い事をやめたい、といったときPART2_続けることの大切さ

 次男クンも習い事を「辞めたい」_そのワケは?

二児の母をしています。

 

「子どもが習い事を辞めたいといったとき、どう対応するか?」という壁に 

またもやぶち当たりました。

 

↓一度目は長男クンでした。 

blueclover123.hatenablog.com

 

今回は次男クン。

 

次男クンは毎週体操教室に通っています。

年齢制限もあって、やっと始められた念願の体操教室。

「オレね、たいそうきょうしつ たのしみなんだ~!!」と張り切っていました。

 

が、初めて数か月後。

なんだか怪しい雲行きになってきました…。

 

その時はやっぱり突然やってきた

「今日体操教室だね~」と何気なく言うと、

「オレ、もう たいそう イヤだ…」と、次男クン。

(長男クンと違って感情の表現を表に出すタイプ)

 

きた。きたきた…。

 

長男クンで一度経験している母。

突然だったけど、その一言で覚悟できました(笑)。

 

 

まずは本人に聞いてみる

母(=私):「なんで行きたくないの~?」

次男クン :「だって行きたくないんだもん」

母(=私):「(それじゃわからんぞ( ̄д ̄)…とおもいつつ)じゃあ とりあえず幼稚園行ってきてから考えようかー。」

次男クン :「でも、たいそうはいかないからねー!」

母(=私):「(そうだった…この子はガンコなんだった…と心で思う母(笑)。)」

 

こんな日が毎週毎週続きました。

 

長男クンと違って「どうして行きたくないのか」ということを 言わない・言えない 次男クン。

 年齢のせいなのか(うまく自分の気持ちを言葉にできない年齢)、

 「もうやめるんだもん!!」と決めつけたガンコな性格のせいなのか…。

 

次第に、体操教室の時間中 ずーーーーーっと泣くようになったそうです。(゚Д゚)

(基本的に親は見学しないので、体操のコーチから後日聞きました)

 

次にコーチに聞いてみる

本人に聞いても、辞めたい理由がさっぱりわからない…。

それなら、大人(コーチ)に聞くしかない!

 

母(=私):「最近【次男】が毎週『たいそうやめたい』といっていまして…」

 

と言うと、コーチは困った顔も驚いた顔もせず、

 

コーチ  :「そうなんですよね…。今の年齢だと、まだ体が成長途中のせいもあって、すぐにはうまくできないんですよね…。だからイヤになっちゃうお子さん、多いんですよ…。」

と、私の相談を「よくあることなんです…」という感じでこたてくれました。

 

 

習い事やめたい理由がわかった

そうなんだ。よくあることなんだ…!!

 

長男クンも通っていたけど、こんなこと(←やめたい、と毎週泣き続けること)なかったから、

・次男クンはよっぽど運動神経悪い!?のか、

・次男クンには本当にこの習い事が「合ってない」のか…!?

と心配していたけど、そうじゃなかったんだ…。

 

じゃあ なおさら ここでやめちゃ いけない。

ここで辞めちゃったら、他の習い事も続けられない。

そう思いました。

 

母(=私):「もしかしてさ、鉄棒がうまくできなくて 体操教室行きたくないの?」

次男クン :「…だってぇ、まえにまわるのコワイんだもーん!!(TДT) 」

(鉄棒で、頭から前にクルっと回るのが怖いらしい。鉄棒に慣れていない子にはよくあるみたいです)

 

…わかりました、「辞めたい理由」。

つまりは、「うまくできないから、上手にできないから 辞めたい」ということでした。

 

ガンコ…よく言えば「意志の(ものすごーく)固い」次男クン。

男子だからプライドも高い…!? 

(この点は担任の先生にも一目置かれるほど…(^-^;)

 

だから、うまくできないのが許せなくて、でもできなくて、それならやめちゃいたい!!と思ったのかもしれません。

 

それでも続けていくと

それから数か月。

時々泣いていました。

 

コーチは、「今日は『てつぼう きらいー!』と泣いてましたー(´▽`*)」

     「今日はボール遊びをしたので泣かなかったですよ。」

と、そんなに困った様子もなく、でもイヤそうな表情でもなく、苦笑い?よのうな感じで私が聞くといつも報告してくれました(笑)

 

このときは「泣いてても体操教室には行くのが当たり前」というスタンスになっていて、

次男クンも「やめたい」といいつつも通っていました。

 

 まだまだ続けていくと_トンネルを抜けた!

そしてさらに数か月。

気付けば泣くことがなくなりました。

 

体操教室に行くある日のこと。

「もうね、オレ、たいそうで ないてないよ!!」

と、どや顔。

 

よかった…。トンネルを抜けたね!

次男クンの成長を感じました。

 

続けることは大事

そしてここぞとばかり一言。

 

「そうだね。泣かなくなったね。すごいよ!!やっぱり、あの時辞めなくてよかったよね。【次男】、がんばったねー!!」

と、

・褒めまくり、 

・「いやだから・できないから といってすぐ辞めるのはよくない。続けることが大事」ということをしっかりと伝えました。

 

…が、次男クンには伝わったかな(笑)

 

「【次男】クン、泣いてるんだってね…。でも、私の子どもだったら続けさせるな~。」というママ友の言葉も支えにして続けていてよかった。

「うまくできなくても、まず半年は続けようね。」ということをつらぬいてよかった!!(かなりごまかしごまかしでしたが(^-^; )

(結局半年以上続けていました)

 


 

年齢も性格も違う兄弟の「習い事やめたい」コール。

なんとか乗り越えた…。

 

さて、次は兄弟どちらが何を言い出すのかな…?

(ワクワク半分、ソワソワ半分(笑) )

 

 子どもが習い事をやめたい、といったときPART2_続けることの大切さ_目次

  

★★ブログではこんなことも書いてます★★

"連載:子育てママの断捨離" - 記事一覧 - 子育てママの日々役に立ちそうなちょっとしたこと

子どもが習い事をやめたい、といったとき_本当のワケが隠れている_長男クンの本音 - 子育てママの日々役に立ちそうなちょっとしたこと

 

★★最後までよんでいただきありがとうございました。

↓↓クリックしていただけると嬉しいです!コメント・ブクマも大歓迎です!!

これからの励みになります(*^_^*)★★

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

↑ちょっと参加してみました。よければ押してみてくださいね。ほかにも役立つ情報ブログがたくさん!