子育てママの日々役に立ちそうなちょっとしたこと

男の子2人をもつ普通のママのブログ。これからの自分にも、もちろんあなたにも、日々役に立ちそうなちょっとしたことを残していきます。…あと、日々思ったこともちょっとずつ書いていきます。

小児科に行く前に準備!「体調メモ」_子どもの最高体温を忘れたって大丈夫!

子どもが発熱!その時は突然にくる

 

二児の母をしています。

 

風邪やインフルエンザ…、体調管理が大切な季節になりましたね。

この時期、我が家もかかりつけの小児科さんには毎年お世話になります。

 

子どもが発熱!!その時は突然にきます。

風邪?インフルエンザ?なんかいつもより熱が高い気が…?などなど不安たくさん。

聞きたいことは山ほどある…。

病院を予約して…いざ病院へ!

 

子どもの病気から、「食事」「トイレ」の悩みまで、知りたかった“カラダ”のことが満載_

「子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻」

 

病院の診察でよく聞かれること

小児科に限らず、内科でもこんなことを聞かれます。
(あくまでも私の体験談です)

 

・発熱してからの最高体温(何度まで上がったか)

・何日前から熱があったか

学校や幼稚園などで集団生活しているか

(やっぱり集団生活しているお子さんのほうが病気をもらいやすい)

・そのほか

下痢、嘔吐、咳、食欲、鼻水…があるかどうか聞かれます。

 

答えなくちゃいけないことはたくさん…。

 

「ママ初心者」の過去の私は、こんな感じでした ↓ 。

 

  病:「発熱してから、最高何度まであがりましたか?」

  私:「…えっと…38.5℃くらいですかね…」

 

  病:「いつから熱がありますか?」

  私:「…えっと…おとといの夜くらいですかね…

  (あぁ…カバンに育児手帳があるんたけどな…でも抱っこしてて出せないし…)」

 

いざ病院に行くと伝えたいことが伝えられない

具合が悪くて不機嫌 & 病院に来て不安感たっぷり のお子さんを抱っこしながら、落ち着いて育児手帳を出すのは、かなり至難のワザだと思います。

 

せっかく細かく体調変化を記録していても、それを先生に教えることができない…(>_<)

 

特に、我が家は男子二人を一度につれていくことが多いので、

一人がおとなしくしても、もう一人が先生のPCをいじろうとしたり、

椅子でクルクルまわろうとしたり…で、先生と落ち着いて話ができません。

 

医師に伝えたいことはこれ一つでOK!「体調メモ」

なので、そんな時はこれ↓

f:id:blueclover123:20151209130858j:plain

 

体調メモ」と名付けることにします(^^) 。 

この表はあくまでも一例です。

 

すでに記した、「診察でよくきかれること」がほぼ網羅されています。

体温変化が折れ線グラフで一目瞭然!

これなら素人の私でも「あぁ、やっと下がってきたみたい…」など体温の変化がわかります。

お医者さんにとっても、グラフ化するとわかりやすいようです。

 

と、いうことで、この「体調メモ」さえあれば、

医師が、患者さんやママ(もちろんパパさんも!)に聞きたいことがこれでいっぺんに解決!

 

「…あ、熱が出たのは2日前の 朝 じゃなくて 夜 だったか…」と、母も気づく(笑)

(*´▽`*) アハハ♪

 

よく熱がでるお子さんの場合、「今回の発熱は何日前からだったか?」なんて、毎回正確に覚えることはできないのがふつうです。

 

普段の育児や家事の他に、看病で頭いっぱいのときに、熱の記録なんて忘れちゃって当然。

ママは、妻は、主夫・主婦は、忙しいんです。

 

頼れるものには頼る。

これの一覧に記録しておけば、自分の頭からは忘れてもOK!!

 

で、私の場合、気になったこともこの「体調メモ」に書いておきます。

「この日から体に発疹」とか「いつもよりおしっこの回数が少ない」とか。

 

 

病院に行く前に持ち物チェックを!

 

病院に出発する前に、

・保険証

・診察券

体調メモ

お薬手帳

の4つを、事前にジップ付きの袋にまとめて用意。

 

病院の受付でお子さんを抱っこしたままでもこれ一つを出せばOK!

 

「その中に体調のメモも入ってます…」的なことを言えば、わかってくれるはず。

 

いざ診察!体調メモで伝える

 病:「どうしましたか?」

 私(あなた):「こんな感じなんですけど…」と体調メモを出す!

 病:「ふむふむ…」

言いたいことはすべて伝えられます(^◇^)

 

小児の病歴聴取や身体所見を初めて学ぶ人、もしくは改めて最初から学びたい人のための本「HAPPY! こどものみかた」

 

意外な使い道?大人の通院にも

 

以前、親子3人で原因不明(!!)の微熱が続いた時、私もこの体調メモを書いて内科へ。

 

病:「…スゴイねぇ。お仕事は看護師さんか何か?」

 

…いえ、ふつーの主婦です( ̄▽ ̄)。

 

まぁ、しいて言えば、いろんなことで「記録魔」かもしれません(笑)。

このブログを書いている時点で「記録魔」の部分を発揮してるよなぁ…なんて思ったりしています(笑)。

 

「記録魔」万歳!!

この体調メモのおかげで「あれ、今回の症状、2週間前の次男クンと同じ…。長男クン、うつったな…」とかがなんとな~くわかります。

 

ちなみに、過去の体調メモは全部とっています。

そしてお医者さんの診断も簡単に書いておいてます。

「ただの風邪」とか「ようれん菌」とか。

 

これが結構役にたってます。

過去の自分に感謝(笑)

 

インフルエンザが流行るこの時期、もしかしてインフル…??と思っても、

過去の体調メモをみて「あぁ、こんな感じの症状が夏もあったなぁ…」と、ヘンに焦らなくて済みます。

 

あ、でも最終的な正確な診断はお医者さんに任せてくださいね(*^-^*)

 

「記録魔」ではないあなたにも ぜひオススメの「体調メモ」の話でした。

 

 

 ☆病気関連のこんな記事も書いてます☆

blueclover123.hatenablog.com

blueclover123.hatenablog.com 

blueclover123.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ちょっと参加してみました。よければ押してみてくださいね。ほかにも役立つ情報ブログがたくさん!